HOME
愛の橋

西郷湾へ流れ込む八尾川の下流に、まだ二つの橋しかかかっていなかった頃、風雨の中を遠くの橋から
学校へ向かう、小さな女の子の姿を見た藤原金市(藤原金物店店主) は、この場所に橋をつくろうと決意する。
「わしは、どげしても橋をかけたい。指向(港町)も西町も大変便利になるし、小学校に通う子らも遠回り
せんですむ。」
昭和四年九月 二十五日、藤原金市が私財を投げ打って、できた橋を、金市は、自分の信条
「なんじの隣人を愛せよ」から「愛の橋」となずけた。 

※隠岐楽散歩絵図スポット

 
(隠岐楽散歩絵図は、ホテルや、商店、観光協会で配布いたしております。)


風待商店街とは、西郷港界隈の商店協同のWEBサイトです。
All Rights Reserved by Kazemachi-syoutengai Since 2003
お問い合わせは、info@oki-kazemachi.com まで