HOME
大石灯ろう

隠岐との交易を業としていた主に松江京店、天神町の商人の寄進によって明治12年につくられた大石灯篭は、
夕方になると灯がともされ
西郷を目指す舟の道標となった。当時は、海に突き出していたこの灯篭も、近代の
埋め立てによって、海より入った場所となっている。


※隠岐楽散歩絵図スポット
(隠岐楽散歩絵図は、ホテルや、商店、観光協会で配布いたしております。)   


風待商店街とは、西郷港界隈の商店協同のWEBサイトです。
All Rights Reserved by Kazemachi-syoutengai Since 2003
お問い合わせは、info@oki-kazemachi.com まで